尼崎だいもつ病院

尼崎市にある内科・整形外科・リハビリテーション科『尼崎だいもつ病院』では、リハビリテーション・在宅復帰・地域包括ケアに力を入れております。

平成28年4月1日、旧県立尼崎病院跡地に新しく“尼崎だいもつ病院”を開設することになりました。また来年には介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅を開設する予定です。地域の皆様に医療、介護の両面から貢献できるよう、職員一同一丸となって邁進する所存です。どうぞよろしくお願いいたします。

尼崎だいもつ病院の診療には2本の柱があります。一つはER型救急医療、高度のハイケアユニットを擁して高度超急性期医療を提供しておられる兵庫県立尼崎総合医療センターをはじめとした近隣の急性期病院の後送病院機能、言い換えると回復期医療機能を果たすことです。そのために、当院はまずリハビリテーション医療に力を入れます。回復期リハビリテーション病棟ではリハビリテーション専門医を4名配置し、法人内より経験豊かな療法士の応援を多数得ます。リハビリテーション室は十分なスペースと設備を充実させ、入院、通院とも質の高いリハビリテーション医療を提供して参ります。また障害者病棟では、神経難病の患者様を中心に受け入れを行い、良質の回復期医療、リハビリテーションを提供いたします。

もう一つの柱は地域包括ケア診療機能です。超高齢社会の到来は誰もが感じているところですが、今後は単身高齢者の急増が予想されます。治療終了後も在宅復帰が容易でない場合に、地域包括ケア病棟で治療とともに早期からリハビリ介入を行い、スムーズな在宅復帰を目指します。退院後には必要に応じて訪問診療も提供し、訪問看護、通所リハビリ、ヘルパーサービスと合わせ、切れ目のないケアを提供いたします。
尼崎だいもつ病院は、尼崎という住み慣れた地で、患者様が生き活きと暮らすために最高の医療介護ケアを提供いたします。

院長 松森 良信

1981年卒

資格 日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本リハビリテーション医学会専門医

【理念】

住み慣れた地で いつまでも自分らしく生き活きと

【基本方針】

  • 私たちは、患者さま・利用者さまに安全で質の高い医療、介護、サービスを提供します。
  • 私たちは、患者さま・利用者さまと情報の共有をはかり、患者さま・利用者さまが納得される医療、介護、サービスを提供します。
  • 私たちは、患者さま・利用者さまにふさわしい尊厳ある生活が過ごせるよう、プライバシーや人権を尊重した医療、介護、サービスに努めます。
  • 私たちは、患者さま・利用者さまが住み慣れた地域の中で切れ目のない医療、介護、サービスが受けられるよう努めます。
  • 私たちは、専門職としての誇りを持ち、自己研鑽に励み医療、介護、サービスの向上に努めます。

社会医療法人愛仁会
尼崎だいもつ病院

〒660-0828
兵庫県尼崎市東大物町1丁目1-1

開設年月日

平成28年4月1日

病床数

一般:199(回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟、障害者病棟)

診療科目

内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、糖尿病・内分泌内科、
神経内科、整形外科、泌尿器科、リハビリテーション科

社会医療法人愛仁会 尼崎だいもつ病院
〒660-0828 兵庫県尼崎市東大物町1丁目1-1
内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、糖尿病内分泌内科、神経内科、整形外科、泌尿器科、リハビリテーション科