尼崎だいもつ病院

尼崎市にある内科・整形外科・リハビリテーション科『尼崎だいもつ病院』では、リハビリテーション・在宅復帰・地域包括ケアに力を入れております。

看護部

目次
尼崎だいもつ病院の看護部ホームページへようこそ!!
看護部長挨拶
看護部理念
看護部の目標
当院の看護部で大切にしたいこと
病棟のご案内
病院見学・インターンシップ募集

尼崎だいもつ病院の看護部ホームページへようこそ!!

当院は地域での医療介護福祉機能の充実と、医療と介護の切れ目のないサービスの提供を目標に、病床数199床の『社会医療法人愛仁会 尼崎だいもつ病院』として2016年4月に誕生しました。障害者病棟・地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟、訪問看護を有し、早期の在宅復帰を目指した病院です。
「住み慣れた地で いつまでも自分らしく生き活きと」という理念のもと、多職種とのチーム医療を強化し、患者さま一人ひとりが希望する在宅復帰をめざし、専門的技術とこころを届けることを大切にしています。

看護部長挨拶

尼崎だいもつ病院看護部は「地域の皆さま一人ひとりを大切に心のこもったケアと安全で質の高い看護を提供します」を理念に看護を行っています。病棟は、障がい者病棟、地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟と、それぞれ役割に違いはありますが、いずれの病棟も急性期症状が落ち着いてこられた方を対象に「日常の生活にもどる・つづける」ことを見据えて、その方にとって最善の看護をチーム(看護師・看護助手)で行うことを目指しています。
また、入院病棟以外にも外来や訪問看護部門があり、当院に入院された方が地域にもどられても安心して生活ができるよう、病棟看護・外来看護・訪問看護が密接に連携することも心がけています。 今後も、隣接する介護老人保健施設だいもつも含めて、地域の方々により一層信頼して頂ける、また職員一人ひとりが安心して働くことが出来る看護部および施設になるよう努力してまいります。

看護部理念

基本方針

2019年度 看護部目標

キーワード:安全安心・連携・人財・経営参画

  1. 安全安心な質の高い看護・介護の充実
  2. 多職種との連携強化による退院支援
  3. 看護・介護職の教育体制の充実
  4. 働きやすい職場環境作り
  5. だいもつ地区の経営参画

当院の看護部で大切にしたいこと

  1. 出会った患者さま一人ひとりを大切にして、心のこもった看護を届ける
  2. ワークライフバランスを大切に、子育て中の方・介護中の方も仕事と私生活が両立できるように支援する
  3. 職員を大切に育成し、自律した看護師として各自がイメージするキャリアパスを実現できるように支援する

病棟のご案内


病棟デイルーム

病室(個室)

病室(3人部屋)

3階 障害者病棟(29床)

【主な疾患】
神経難病患者(パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、筋ジストロフィー等)、重度の肢体不自由者(身体障害者手帳1・2級相当)、人工呼吸器装着患者

3階病棟では在宅で介護されているご家族の負担軽減を目的としたレスパイト入院(1回に最大2週間程度)を受け入れています。
自宅での生活習慣や嗜好を尊重し、安心して入院生活を送っていただけるよう心をこめてケアしています。また、リハビリスタッフが行うリハビリテーション以外の時間にも、生活リズムが身につけられるような日常生活の維持を目標とする生活リハビリテーションを毎日実施しています。スタッフ手作りの輪投げ・金魚すくい・棒体操や口腔機能維持のためのパタカラ体操を行っており、入院患者さま同士の交流の場にもなっています。


3階 リハビリテーション室

4階 地域包括ケア病棟(60床)

4階病棟は急性期病院での治療終了後、在宅や施設等での療養に不安がある方や、在宅療養中にしばらく入院して病状の回復を望まれる方を対象とする地域包括ケア病棟です。また、レスパイト入院も受け入れています。入院期間は60日以内と決まっていますが、この期間内で退院・在宅復帰できるよう、患者さま一人ひとりに寄り添った支援を行っています。
入院中はリハビリスタッフによる集団リハビリテーションに加えて、季節に合わせた内容の病棟レクリエーションを行っており、患者さまに楽しみながらリハビリに取り組んでいただけるよう工夫しています。

5階 回復期リハビリテーション病棟(55床)

回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患または大腿骨頚部骨折などの患者さまに対し、プログラムに基づくリハビリテーションを集中的に行うための病棟です。在宅復帰・社会復帰を目指し、ADL(日常生活動作)能力の向上を目的としたリハビリプログラムを、医師、看護師、看護助手、リハビリスタッフ、社会福祉士等が協働して作成します。
入院中は食事や歩行、排泄、入浴などの退院後の日常生活全般を見据えた動作訓練を取り入れたリハビリテーションを実施し、外出や外泊を試験的に行うなど、退院に向けての準備を行っています。

6階 回復期リハビリテーション病棟(55床) 

6階病棟は、患者さまやご家族が再びその人らしく過ごし、在宅復帰・社会復帰できるよう、医師、看護師、リハビリスタッフ、栄養士、薬剤師、社会福祉士の医療チームが連携・協働しながらリハビリテーション医療と看護を提供しています。
入院中は退院後の日常生活を見据えたリハビリ訓練を中心に、歩行や車いす操作などの離床訓練を積極的に取り入れています。1日でも早くその人らしい生活を取り戻せるよう医療チーム全員で情報共有しながら患者さまを支援していきます。

外来

外来は、内科、消化器内科、呼吸器内科、神経内科、もの忘れ外来(認知症)、循環器内科、糖尿病内分泌内科、整形外科、リウマチ外来などの診療科があります。受付時間は午前11時まで、午後は専門外来のみ診療を行っています。
内視鏡検査も月曜日・水曜日に予約制で行っています。
それぞれの看護師が患者さまの声に寄り添い、丁寧な対応を心がけています。

病院見学・インターンシップ募集

病院見学・インターンシップをご希望の方(新卒・既卒不問)は下記よりお申込み下さい。
担当:看護部長室 小田

社会医療法人愛仁会 尼崎だいもつ病院
〒660-0828 兵庫県尼崎市東大物町1丁目1-1
内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、糖尿病・内分泌内科、神経内科、整形外科、泌尿器科、リハビリテーション科

尼崎だいもつ病院への就職を希望して頂いている方へ

お問い合わせは下記まで