尼崎だいもつ病院

尼崎市にある内科・整形外科・リハビリテーション科『尼崎だいもつ病院』では、リハビリテーション・在宅復帰・地域包括ケアに力を入れております。

  • リハビリテーション科 梶本 佐知子

    1988年卒

    資格 日本リハビリテーション医学会専門医
  • リハビリテーション科 南部 誠治

    1997年卒

    資格 日本リハビリテーション医学会専門医
    日本リハビリテーション医学会指導医
    日本整形外科学会専門医
  • リハビリテーション科 嶋 聡子

    2006年卒

    資格 日本リハビリテーション医学会専門医

リハ技術部スタッフ

医師:リハ技術部長1名
理学療法士:19名 作業療法士:10名 言語聴覚士:4名

理学療法とは

理学療法とは、「身体に障害がある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操、その他の体操を行わせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう」(昭和40年6月29日法律第137号『理学療法士及び作業療法士法』より)つまり、基本的動作能力(坐る、立つ、歩く、といった体や上下肢を屈伸したりするという運動能力)に障害を持つ方に対して、その能力の回復をはかる目的で熱・水・電気・運動などの物理的手段で治療する物理医学的側面と、残された能力を最大限に生かして社会復帰を目指すリハビリテーション的側面を持っています。

対象疾患

・整形外科疾患:骨折術後、人工関節術後、リウマチ、肩関節周囲炎、腰痛、スポーツ障害など。
・中枢疾患:脳卒中、頭部外傷など。
・呼吸器疾患:肺炎、慢性閉塞性肺疾患など。
・消化器疾患:消化器外科の術後、消化器内科の廃用症候群など。
・神経筋疾患:パーキンソン病、ギランバレー症候群、筋萎縮性側索硬化症など。

上記以外にも様々な疾患に対して、入院早期から理学療法を実施しています。

治療・評価機器紹介

物理療法

・ホットパック
・超音波
・低周波
・その他

治療:測定機器

・トレッドミル:免荷歩行式
・自転車エルゴメーター
・ベッドサイドエルゴメーター:持ち運び可能なアシスト付きのエルゴメーターです。
・体組成計:患者様の筋肉量を測定します。
・重心動揺計:神経内科疾患、運動器疾患の評価や理学療法の効果判定として使用。
・筋力測定器:運動器疾患の術前術後や理学療法の効果判定として使用。
・運動耐容能評価(6分間歩行テスト):呼吸器疾患や周術期の運動耐容能評価に使用。
・スパイロメーター:開腹・開胸の術前後の呼吸機能評価に使用。
・活動量計:入院中の活動量を把握しフィードバックするために使用。

作業療法とは?

作業療法では、身体又は精神に障害を負った方、またそれが予測される方を対象に、主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復、維持および開発を促し、治療、指導および援助を行います。主に応用的動作や行為遂行の獲得を図るために、作業活動を用いて協調性や持久力などの身体機能の改善を図ることや、自助具や福祉用具を選定したり、動作方法を変更することで生活の自立を促進します。また、退院後の生活不安の解消やスムーズに在宅復帰できるように退院前訪問や院内外のカンファレンスにも積極的に参加しています。対象者が自信を持って退院後の生活が送れるように実際の活動や、代替活動を作業活動の一環として行うリハビリテーションを主に実施しています。また、入院中の体力や意欲の維持の為の離床活動や、骨折や人工関節置換術後の患者様への動作指導、環境調整なども行っています。また、低周波治療機器の導入を行い、積極的なリハビリテーションを展開しています。作業療法では、保健や福祉の分野など医療の現場以外でも専門性を生かし、対象者が主体的な生活が送れるように個々に合わせた支援を行います。

対象疾患

・整形外科疾患:骨折術後、人工関節術後、リウマチ、肩関節周囲炎、腰痛、スポーツ障害など。
・中枢疾患:脳卒中、頭部外傷など。
・呼吸器疾患:肺炎、慢性閉塞性肺疾患など。
・消化器疾患:消化器外科の術後、消化器内科の廃用症候群など。
・神経筋疾患:パーキンソン病、ギランバレー症候群、筋萎縮性側索硬化症など。

上記以外にも様々な疾患に対して、入院早期から理学療法を実施しています。

言語聴覚療法とは

脳卒中後遺症・中枢神経疾患等により、ことばや聴こえなどのコミュニケーションに障害のある方々に対して相談・評価・訓練・指導・助言などの援助と、QOL(生活の質)の向上や社会参加のための支援を専門的な立場から行います。
また、飲食物の飲み込みが悪くなった患者様に対して、医療機関や保健・福祉機関と連携をとりながら、安全な摂食行為の獲得を目指し、評価・訓練・指導など専門的な対応をします。
更に、退院後のより安全な生活にむけ、患者様やご家族様の相談に応じ、助言援助など、適切なサービスを提供します。

当院の特徴

コミュニケーション機能の評価、有効なコミュニケーションツールの獲得を目指しています。また、摂食嚥下機能の評価及び訓練、安全な食事形態の選定を中心に、言語療法を展開しています。

その他

・摂食嚥下機能の評価として、VF(嚥下造影)・VE(鼻腔喉頭ファイバー検査)を実施しています。
・栄養管理科と連携し、患者様に適したより安全な形態の食事提供を目指し、院内NST活動にも参加しています

対象疾患

成人:脳血管障害による言語障害、高次脳機能障害、嚥下障害

社会医療法人愛仁会 尼崎だいもつ病院
〒660-0828 兵庫県尼崎市東大物町1丁目1-1
内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、糖尿病内分泌内科、神経内科、整形外科、泌尿器科、リハビリテーション科